夏はサングラスにサンダル、浴衣に旅行♪夏にやりたいこと欲しい物TOP10

Facebook にシェア

LINEで送る
Pocket


夏はファッションだけではなく、気分まで開放的で軽くなる季節です。
アウトドアやイベント、海水浴や海外旅行に出かけたり、夜は浴衣を着て花火を見に行ったりと楽しいこと、やりたいことがいっぱいですよね。
そんなウキウキする夏を楽しむためにサングラスやサンダル、水着やラッシュガードなどグッズを買って準備したり、ダイエットや脱毛もしたりと女性にはやることがいっぱい♪
そこで夏にしたいことや買いたいものを調査しまとめましたのでそのTOP10をご紹介致します。

 1位  旅行
 2位  ダイエット
 3位  水着、ラッシュガード
 4位  浴衣
 5位  脱毛
 6位  サンダル
 7位  日焼け止めグッズ
 8位  帽子
 9位  ネイル
 10位  サングラス

夏にやりたいこと欲しい物TOP10

 旅行

夏休みに海外旅行に行って、仕事や日常のことを忘れて心も体もリフレッシュ♪ そう思われている方はともて多いようです。
というのも、昨年2017年の海外旅行者数は、なんと1,789万人なんです。
日本人の7人に1人は海外旅行をしていることになります。
ちなみに、1人当たりの海外旅行費の平均は、25万8千円だそうです。
※日本旅行業協会 海外旅行者数と海外旅行費用の推移より引用
一番人気は、なんと言ってもハワイですね。地球の歩き方やトラベルコはじめ大手旅行代理店の上位には必ずハワイが入っています。
その他、台湾や韓国、シンガポール、ベトナム、グアム、バリ島も人気です。
一方、国内旅行は沖縄や宮古島、北海道、京都、大阪が人気です。
旅行を計画されている方は早めの予約をオススメ致します。なぜなら、予約が集中するから遅くなると宿泊が一杯で予約ができなくなるからです。

 ダイエット

夏になると薄着で体のラインがハッキリでてしまいます。それに、水着を着る機会があったりします。
それまでには体をしぼっておきたいものです。
アサヒグループ食品株式会社が、20代~50代の女性を対象に「ダイエットに関する意識調査」を実施したところ、3人に1人がダイエットをしていることが判明。これからダイエットをしたいと思っている人は42.8%と、全体の73.0%にダイエット意向があることが分かりました。
また、痩せたいと思うパーツは「下腹」に次いで「太もも」、「ウエスト」でした。
多くの女性が体のラインを気にしているんです♪

アサヒグループ食品株式会社が、20代~50代の女性を対象に「ダイエットに関する意識調査」を実施

 水着、ラッシュガード

夏に欠かせないアイテムが水着♪
プールや海水浴を満喫するためのマストアイテムです。
また、ここ数年、日焼け対策アイテムとして認知度が上がりマストアイテムとなったのがラッシュガード。
最近では海やプールなどのマリンスポーツだけではなく、ランニングやサイクリング、登山などのスポーツやアウトドアにも着用されるようになりました。

2018年おすすめレディース水着 通販サイト バケスタ人気TOP15

2018年おすすめレディース ラッシュガード 人気TOP20

 浴衣

夏に欲しいもの「浴衣」

夏を楽しむアイテムの一つが浴衣♪
花火を見に出かける時に浴衣を着て出かけたいですよね。
あまり着なくなった着物ですが浴衣は別で若い人でも花火の時は浴衣姿を多く見かけます。
普段着とは違った雰囲気で印象をガラリと変えることができるのも浴衣の魅力です(^^♪
最近は、値段も数千円から手軽に購入できるようになってきています。

 

 脱毛
脱毛

肌の露出が多くなる夏だからムダ毛の処理はしておきたいですよ。
ところで脱毛をされている女性の割合をご存知でしょうか?
それは約2割です(^^♪
女性の5人に一人は脱毛をされているんですよ。
最近は、エステや脱毛サロンの値段も1回あたり数千円からと手軽になりました。
そのせいで多くの女性が脱毛をされるようになったのかも知れませんね。

 

6位日焼け止めクリーム、グッズ

生活シーンに合わせた紫外線防止化粧品の選び方

ロート製薬からの引用

気持ちが開放的になる夏ですが、気を付けないといけないのが紫外線。
紫外線はシミやシワ、たるみなど肌の老化のもとになります。
しっかりUVケアをして夏を楽しみたいもの。
海水浴や野外での活動時はSPFやPAに注意しながら日焼け止めを選びましょう。
SPFは紫外線B波(UVB)への防御力を表す指標で、PAは紫外線A波(UVA)をどの程度防止できるかを表しています。
UVAは肌の深くまで侵入し、肌のハリや弾力に必要不可欠なコラーゲン、ヒアルロン酸を生み出す繊維芽細胞を傷つけ、シミやしわ、たるみを引き起こす原因となります。
また、UVBは、肌の表面が赤くなるサンバーンを引き起こしたり、メラニン色素の過剰な発生によって肌が黒くなるサンタンを引き起こしたりする紫外線のことです。

 

7位サングラス

Maui Jim Monstera Leaf Polarized RS747-09A

サングラスは、夏のキツイ紫外線から目や目の周りの肌を紫外線から守る大切なアイテム。
なぜなら、紫外線はシミやシワ、たるみなど肌の老化のもとになりなるからです。
女性に人気でよく売れているブランドはレイバンやグッチ、プラダのようです。
デザインは、オーソドックスなデザインのウエリントン型や大きめのレンズと顔の輪郭を誤摩化し易いデザインのバタフライ型、また、顔の印象を柔らかくし、知的な印象を与えてくれるボストン型が人気です♪
様々なサングラスがありますが、オススメしたいのがマウイジム(Maui Jim)サングラス。
1989年ハワイのマウイ島にあるラハイナで登場したマウイジム サングラスは、有害なUVをカットしつつ、景色の色の鮮やかさをそのまま目に届けることのできるサングラスなんです(^^♪
マウイジムサングラスの特徴は、偏光レンズを採用していることです。
この偏光レンズとは眩しさの原因と言われる反射光を、「本体に挟まれた特殊なフィルム」によってカットする色付きレンズのことです。
通常のサングラスでは光量を制限できても反射光までカットすることはできないんです。
だから偏光レンズを採用しているマウイジムのサングラスはギラギラした眩しい光を抑え、快適な視界を確保できるんですよ。

8位帽子

夏は帽子で紫外線対策

帽子は紫外線対策のほかファッションとしても役立つアイテムです。
紫外線はシミやシワなど肌の老化の原因になりますので対策はしたいもの。
帽子は顔の肌だけではなく頭皮や首、耳まで紫外線から守ることができます。
ちなみに白い帽子と黒い帽子ではどちらが紫外線をカットできるかご存知でしょうか?
それは黒い帽子なんです。
実は、紫外線透過率という紫外線を通す割合を示したものがあり、黒は1.7%、白は19.4%なんです。
つまり黒は紫外線を99%近くカットできますが、白は80%程度しかカットできなんですよ。
黒や赤、青など色が濃いほど紫外線をカットできて、逆に白や黄色など色が薄いほど紫外線を通しやすいんです。
それに、ツバは広めのものを選ぶようにしましょう♪
というのはツバが広ければ広いほど紫外線をカットすることができます。

 

9位ネイル

ネイル

夏になると薄着になり肌の露出が多くなります。
履物も靴からサンダルの履く機会が増えていきます。
靴を履いていて分からなかった足の爪も露出しちゃいまうので夏はネイルをされる方が増えるんでよね。
それに海水浴やプール、旅行に行った時なんかもネイルしているとお洒落ですから(^^♪
指のネイルと足のデザインをお洒落にそろえて夏を楽しんでみませんか。

 

10位サンダル

サンダル

夏を楽しむアイテムして欠かせないのがサンダルですよね。
スカートやショートパンツ、水着なんかとコーデしてお洒落に夏を楽しみたい(^^♪
楽天市場やアマゾンでは、¥3,000円前後からトング・サンダルやストラップ・サンダル、ミュールなどを購入することができますね。
しかも送料は無料です♪

 

コメントを残す